2011年04月09日

若葉マーク、運転初心者の「危険時期」について

晴れて免許証を手にした方へ。
運転免許取得、おめでとうございます!

教習所でのことを振り返ると、長いようで短かったと感じられるのではないでしょうか?大変なこともあったと思いますが、きっと貴重な経験として残るはずです。

さて、これからが本番です。Shift-UP Clubは運転免許を取得できた方へ対しても、今後の運転生活においてお力になれるよう、応援します。


そこで、免許取得後、最初のアドバイスとして次のことを書かせて頂きます。
事故などに特に気をつけなくてはいけない「危険時期」というものが、3つあると覚えて頂きたいと思います。


緊張でガチガチの期間
1つ目は、初めて車に乗り始めてから数ヶ月の間です。常に緊張している状態ですから、慎重な点は良いのですが、技術面でミスをしやすい期間です。目視で見切りがつかない時は、無理をしないことが大切です。

調子に乗る期間
2つ目は、半年後〜2年後の期間です。運転することがだんだん怖くなくなってきて、いわゆる「調子に乗りやすい」期間です。スピードの出しすぎや無理な運転が多くなりがちですから気をつけましょう。

油断する期間
3つ目は、3〜5年後くらいの期間です。運転が当たり前のことになり、緊張感が全くなくなったことにより、車への危機感が薄れてきた頃です。確認を怠ったり、ウインカーを省略したりといった、基本を軽視したことによる事故が増えます。


これらの期間は、特に運転ミスや事故を起こしてしまいやすい期間です。
以上の点を心に留めて、楽しく運転して頂ければと思います。
posted by shift-up at 17:45| 03初心者で不安!失敗例 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月01日

ガソリン不足、価格高騰の中での○と×

今だからこそ注目されるエコドライブ、特にふんわりアクセル等について考えてみましょう。

震災の影響を受けて、現在ガソリンが不足している地域があります。地域によって十分供給されている所と、そうでない所の差が激しいようです。また、これから世界的な投機マネーの動きや需要の不安定化の影響で、ガソリン価格が高騰する確率が高まっています。

ガソリンが不足すると困る人が多いはずです。車がないと生活が成り立たない地域の人にとっては死活問題です。そんな時に、個人で少しでもできる対策は無いものでしょうか?良く挙げられる疑問に答えていきましょう。


(1)ガソリンを節約するために急加速、急ブレーキはやめている。

→「

車は発進時に一番多くのエネルギーを必要とします。自転車で考えれば分かりやすいでしょう。最初のひと漕ぎが一番重くて、走り出すとラクになると思いませんか?自転車で体に感じる負担は、車での燃料使用量と同じだと考えられます。ですから、自転車でなるべく疲れないようにゆっくりと発進するイメージで、車でもふんわりとアクセルを踏んで発進しましょう。車速が乗ってくればある程度ラフにアクセル操作しても影響は少ないのです。

 

(2)ガソリン携行缶をたくさん買って、ガソリンをたくさんトランクに詰めておきたいんですが。

→「×
ガソリンは、保管するにも危険が伴うものです。専用の携行缶だとしても、きちんと管理できない恐れがあります。またガソリンは重いものですから、車重を重くすることにつながります。燃費を悪化させる原因にもなります。そもそも、買い占め行為はやめましょう。

(3)ガソリンを減らすために、なるべくニュートラルにして走行しています。

→「×
車速が乗った時や、下り坂などでギアをニュートラルにして、燃費を稼ごうとする人の話を耳にします。しかしこれは危険ですのでやめましょう。確かにギアがニュートラルの状態では、アイドリング回転のみの燃料消費で済みますが、アクセルでのコントロールもできませんし、ブレーキへの負担も大きくなるので危険です。ギアはきちんと入れた状態でアクセルから足を離すだけでも、十分に燃料の節約はできます。むしろ、発進時の急加速や、停車中のアイドリングをやめることの方が、相当な燃費節約効果が見込めます。



(4)ガソリンを少しだけ入れて、車を軽くする方が良いと聞きました。
→「
車体が軽いほど、燃費が良くなるのは確かです。ガソリンは、満タン時と空に近い時では、人ひとり分ほども重さが違います。無駄な重量を運ばない、という意味では理にかなっています。ただし、車がないと生活が逼迫してしまう中で、なかなかガソリンが確保できない地域においては、ある程度まとめてガソリンを入れておく必要があるでしょう。ガソリンの確保のしやすさと、燃費の善し悪しとを天秤にかけて判断しましょう。

 

 (2)ガソリン携行缶をたくさん買って、ガソリンをたくさんトランクに詰めておきたいんですが。

→「×
ガソリンは、保管するにも危険が伴うものです。専用の携行缶だとしても、きちんと管理できない恐れがあります。またガソリンは重いものですから、車重を重くすることにつながります。燃費を悪化させる原因にもなります。そもそも、買い占め行為はやめましょう。

(5)燃費が良くなるというグッズを買いました。ガソリンは供給が不安定なので、モノに投資した方が良いですよね?

→「×
確かに、燃費が良くなるというグッズはカーショップへ行くとたくさんあります。アーシングやヒューズ、バッテリー安定化や、燃料添加剤まで色々な種類があります。中には数万円もする燃費改善グッズも売られています。しかし、やみくもにこれらのグッズに頼るのはおすすめできません。効果がまちまちである上に、高価である場合が多いからです。むしろ、お勧めしたいのは基本メンテナンスです。オイル交換や各フルード交換、フィルターやプラグの交換、タイヤのエア充填をきちんとやる方が、大きな燃費向上につながることが多いからです。特にメンテナンスは格安車検と法定点検だけに頼っている方は、今一度見直してみましょう。これらの基本メンテナンスができていない状態で、燃費向上グッズに頼ってもさほど効果は見込めません。
※基本メンテナンスの種類は「新車当時のパワーを蘇らせる」をご参照下さい。



(6)ハイオク指定車だけど値段が高いので、レギュラーを入れても大丈夫?
→「×
ハイオク指定車にレギュラーガソリンを入れるのはお勧めできません。車が走らないということはありませんが、長期的にエンジンへのダメージが懸念されるからです。すぐに乗り換えや廃車を予定している車ならまだしも、長く乗る予定のマイカーでこれをやるとエンジンの寿命に影響することは避けられません。具体的にはノッキングを起こしやすくなり、車種によっては車の自己制御によって走れなくなる恐れもあります。ちなみに、その逆のレギュラー指定車にハイオクガソリンを入れるのは、さほど影響がないと言われています。ただしメリットもないので、指定通りのガソリンを入れることをお勧めします。ちなみに、ガソリン車に軽油を入れたり、その逆をすることは絶対にやめましょう。重大なトラブルにつながります。
※影響は車種によって異なる点も多いため、気になる方はディーラー等に相談してみて下さい。

 

(7)燃費の良いハイブリッド車やエコカーへ買い換える予定です。

→「
燃費が良い車の方が、燃料消費が少ないのは明らかです。またエコカーは車体の軽量化や独自のバッテリーを搭載するなど、あらゆる点で燃費を良くする工夫が最初から為されています。車を買い換える余裕のある方は、選択肢のひとつとしてお勧めできます。ただし、ハイブリッドカーはガソリンと電気との併用のことを差し、新しいプラグインハイブリッドなども電気を多く使用することになります。今後日本ではガソリンだけでなく、電気の供給も逼迫することが予想されますので、必ずしもハイブリッドという動力構成の形式だけが正しいと言えません。むしろ、「エコカー」という言葉だけに捕らわれず、身の丈にあった車選びをすることも大切です。極端な例で言えば、ほとんど一人か二人での移動が主であるのに大型ミニバンを使うことは効率が良いとは言えません。その場合、原付やバイクへ乗り換えるということも、今後は現実的な選択となるかも知れません。それほどまでにエネルギーが逼迫する可能性はあります。



◎みんなで分け合おう

ガソリン不足や、ガソリン価格の高騰は、自動車立国(供給も消費もする国)である日本に対して大きな影響を及ぼします。そんなとき、それぞれが知恵を出し合って、そして貴重な資源を分けあって使うという意識が大切になるのではないでしょうか。


例えば、買い占めはせずにみんなでガソリンを分け合う。車選びでの無駄をなくし、家族の人数に合ったなるべく軽い小型車を買う。ご近所や家族、友人と話し合い、1台の車を相乗りしたり、大人数が乗れる車を共用することで燃料を減らす、といったことも考えるべきでしょう。カーシェアリングを積極的に活用したり、不要・不急の際は車ではなく自転車を使うなど、今すぐ個人で出来ることはたくさんあります。

自分だけの視点ではなく、日本全体の視点でこのエネルギー不足を眺めておき、行動は今すぐ個人で出来ることからスタートするのが良いのではないでしょうか。みなさんからのアイデアやご意見もお待ちしております。Shift-UP Clubまでお寄せ下さい。

 

▼バッテリートラブルなど、いざという時に役立つ充電器。

メルテック(meltec) 充電器 6.5A SC650
posted by shift-up at 12:11| 092車生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。