2012年04月27日

MT車(マニュアル車)

MT車(マニュアル車)の運転の仕方とコツは、「MT車攻略マニュアル」で分かります

3point1.jpg


無料プレビュー版をダウンロードすると
半クラッチで大切な3つのポイント」が何なのか分かります。
下のリンクからお進み下さい。(MT車専用サイトに移動します)

すぐにダウンロード可能
【 無料プレビュー版 】
MT車攻略マニュアル

「MT車の秘訣」情報メール1通プレゼント付き!
・・・実は半クラには、あるコツがあった!


マンガ「冊子でMT車を乗りこなせ」(クリックするとマンガを拡大します)

mt_mg1.gif
マンガをPDFでダウンロードする


参考動画「エンストの瞬間」

エンストについて詳しくはこちら「エンストとは?」


 

どうしてエンストするのか、分かった

長崎県 M.M様(男性) / 2008年3月28日冊子版ご購入

MT車最短攻略マニュアルつい最近「MT車最短攻略マニュアル」を購入させて頂いたM.Mと申します。

このマニュアルを読んで3年半以上もペーパードライバーだった私が、本当に3日で一通りMT車を乗りこなせるようになったのはビックリでした!

私は今年の4月で晴れて社会人となりました。そこで避けては通れないのが自動車での出勤です。自動車を購入したのが、初出勤日の5日前ぐらいでした。初めてのマイカーとあって、「すでに3年以上のブランクがあるのだがら、今AT車に乗ると、今後MT車に乗れなくなってしまうのでは。」ということで思い切ってMT車の軽を購入しました。

しかし、いざMT車を運転してみると、エンストの連発でした。発進は当然のことギアチェンジもガタガタでした。自動車学校でのMT車の感覚は完全になくなっていました。とにかく焦りました。あと5日で坂道発進やバイパス合流などの技術を身に付けなければならない状況でした。

そこで、ネット上で偶然「MT車最短攻略マニュアル」を見つけ、値段もお手ごろだったので、すぐに購入しました。マニュアルで、「どうしてエンストが起こるのか」が分かれば「どうすればエンストを起こさないか」が分かり、とても精神的に安心できました。このマニュアルで、技術面だけでなく、精神面でも支えてもらいました。

おかげさまで、今では、発進も坂道発進も以前に比べものすごくスムーズになったと思います。
通勤においても、坂道発進やバイパス合流なども問題なく行えるようになりました。

当初は「やっぱりAT車買った方がよかったかな...」なんて後悔していたときもありましたが、今では、MT車でよかったと思っています。ありがとうございました。

車を運転してまだ1週間程度なので、まだまだ未熟者です。これからも安全運転を心がけ、同乗者が安心してくつろげるようなスムーズな運転を目指したいと思います。(原文)

 

MT車攻略マニュアルを購入された方から、たくさんのお便りを頂いています

MT車最短攻略マニュアルへの感想 MT車最短攻略マニュアルへのお便り

 

 

 MT車攻略マニュアル

その、MT車でスムーズに運転するコツは、MT車攻略マニュアルで。

mt_nob_img2.jpg

mt_ill1.jpg

▼MT車専用サイト
教習所では教えない[MT車を 3日 で完全攻略する裏技]

 

mt_coverpage1.jpg
数量:



posted by shift-up at 09:52| 022MT車(マニュアル車) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月10日

MT車のレンタカー「MT-BASE」代表渡邊氏へのインタビュー


■MT車だけに絞った理由は何でしょうか?


自分自身がMT車がとにかく好きで、それを残したい、楽しんで頂きた い、という思いが非常に強かったからです。私の周りでも、たまにはMT車乗ってみたいけど、友達の車も気軽に乗れないし。。。と話す友人もいたので、であ ればMT車大好きな私が、それを提供する事ができないかと思い、レンタカーという手段を選択しました。

ですので私は別にレンタカー屋さんをやりたいわけではないのです。MT車を残し、楽しんで頂くと言う目的に近づくための一つの手段としてレンタカー屋さんをやっています(笑)。今後はそのほかの手段も考えて行きたいですね。


■市販車にもレンタカーにもAT車が多い現状をどう思いますか?

一言で言うと「しょうがないかな」と思っています。やはり運転がラクですし、最近はMT車より燃費がよいAT車も多くありますので。ただ、残念です。運転の楽しさはMT車が上だと考えていますので。決してAT車を否定しているわけではないのですが。。。


■MT車ならではというところはどこですか?

当たり前になってしまうかもしれませんが、車の動力伝達を自分の手足で"手動制御"出来ることがMT車の一番の魅力だと思っています。

MT 車を上手く、例えば変速ショックを少なく走らせるためには、AT車より多くの操作や思考を必要とします。シフトを入れ、アクセルとクラッチでエンジンのパ ワーと伝達具合をコントロールしながらスムーズに車を走らせる。この事が最初は上手く出来なくても、トライ&エラーを繰り返しながら徐々に上手く行く回数 が増えて行く。時にはAT車を超えるような変速ショックが少ない操作をすることが出来る。今度はその確率を上げて行く...。

と言うよう に、車の動力伝達を自分の手足で"手動制御"出来ることで、MT車は車を走らせる事自体に目標を作ることができると考えています。そして目標達成やそのプ ロセスを人は「楽しい」と感じると思うのです。個人的には「今のシフトチェンジはAT車を超えた!」というような悦に入る状態が大好きです(完全に自己満 足ですが笑)。その時の喜び、楽しさは動力伝達を自動で行うAT車では味わう事が出来ないものと考えています。

もちろん、MT車には坂道で下がったり(最近は下がらない物もあるようですが)、渋滞が少し辛かったりとマイナス面もあるとは思うのですが、やはり楽しさには換えられません。

車を動かすこと自体に、人の操作というアナログ的な要素が入り、それがダイレクトに車の動きに反映される。そんなMT車が大好きです。


■実際のお客さんからは、乗車後どのような言葉を掛けられることが多いですか?

現在の車はBMW M3という高出力車であることもあり、MT車で早くて楽しくて最高でした!という感想を頂くことが多いです。一方、もう少し気軽に乗れる車もあると良いな、というご意見も頂いておりますので、今後の導入車の参考にさせて頂きたいと思っています。


■どのような年齢層の方が多いですか、またどのような方に利用して欲しいですか?

結構幅広く30代〜60代の方までまんべんなくご利用頂いている感じです。
MT車に乗ってみたい、スポーツカーが好きという方はもちろん、昔はMT車に乗っていたけど、今は家族の関係もありミニバンのAT車に乗っている。でもたまにはMT車に乗ってみたい。と言う方に是非一度ご利用頂きたいと思っております。


■MT車のための同乗レクチャーを行っているとのことですが、どのような内容ですか?

まず前提として、私はMT車が動く仕組みを頭で理解してから実車に乗るのが上達への近道と考えております。体で慣れるのも大切なのですが、MT車はクラッチの仕組みや役割を大まかでも良いので理解してから乗ると運転の上達が早まると信じています(笑)

そのため、いきなり運転し始めるのではなく、まずは簡単な手書きの絵でMTの仕組みを解説させて頂いています。特にアクセルとクラッチペダルの働きと、半クラッチの説明に重点を置いています。手を合わせて半クラッチの説明をさせて頂くこともございます。

そ の後、私の隣に同乗して頂いて、先程説明した絵の実践をしています。クラッチをスムーズにつなげたり、そうでなかったりアクセルの踏む量を変えてシフト チェンジしてみたり。この段階までで、先程頭に入って知っていることを体で感じて頂きます。その後、お客様に運転して頂いて、体で覚えて頂く、というス テップを踏んで頂く内容になっています。


■いま教習所でMT車に取り組んでいる方で、諦めてATにしようとする方が多いそうです。アドバイスはありますか?

MT車の運転は本当に楽しいものですので、是非諦めずに頑張ってほしいですね。諦めそうになった時は一度ご連絡を頂きたいです(笑)隣にお載せして私が運転し、MT車の楽しさをお伝えしたいと思います(笑)

■はじめてレンタカーを使う人への一般的なアドバイス

 ・練習にはどんな車種が良いでしょうか

やはりコンパクトな車種がよろしいと思います。レンタカーの運転はいつもの車と違ったり、普段は車を運転されない方が乗られることもあると思いますので、車幅感覚がつかみやすいコンパクトカー(vits等)が良いと思います。

 ・MT-BASEでは、保険はどうなっていますか

レンタカー事業者は最低限の自動車保険に入ることが義務付けられています。最近はその最低限で済ませている事業者はほとんどないと思いますが、対人が無制限であることは確認しておいが方が良いかもしれません。
後は万一事故を起こしてしまった時の自己負担額(免責額)もしっかりと確認頂きたい点ですね。

 ・事故を起こさないために大切なのは何でしょうか

スピードを控えるとか、よそ見をしないとか、色々あると思うのですが、一番は車間距離を空けることだと考えています。車が詰まっていたりすると変にプレッシャーを感じたりして、普段出来る操作や確認が出来なくなることが多いと思います。
精神的な面だと思うのですが、それをラクにするのが車間距離だと私は考えています。

 ・緊張をほぐすために良い方法はありますか

上とも重なるのですが、是非とも車間距離を十分にあけて走行してみて下さい。後は空いている時間に走って練習して車に慣れることが大切です。

posted by shift-up at 17:09| 092車生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。