2009年01月23日

微速走行

V6010102.JPG微速走行とはつまり、ゆっくり走ること。S字やクランク、狭い路地、渋滞中、はたまた信号での右折待ちなど、微速走行が必要なシチューエーションというのは路上に出ると意外と多いものです。これをマスターするステップは、AT車とMT車で大きく異なります。

まずAT車での注意点は、ブレーキペダルを離してクリープ現象で進むことです。この時、やわらかいペダル操作を心がける必要があります。急にペダルから足を離すのではなく、ゆっくりスムーズに離します。

このペダルの丁寧さが、スムーズな発進のコツです。そして微速走行中も、ブレーキペダルに足を軽く乗せておき、いつでも状況に応じて止まることが出来るようにします。微速走行から完全に停止するときも、急にブレーキペダルを踏み込むのではなく、スムーズにペダルを押さえるように速度を落としていきます。車が完全に停止する寸前で、少しだけ緩める(ペダルを上げる)ようにしましょう。これで停止時のショックを和らげることができます。

MT車の場合は、半クラッチの使い方がコツです。断続クラッチと呼ばれたりしますが、この断続クラッチという名前が意外と勘違いされやすいのです。言葉の響きからすると、半クラッチ操作を断続的に行う(つまりクラッチを切った状態と、半分つないだ状態を断続的に行う)ことのように思えますが、必ずしもそうではありません。出したい速度に応じて、クラッチをつなげたままのときもあれば、切ったままのときもあります。またその最中にブレーキを踏むかどうかによっても動きは異なり、バリエーションがあります。

どのような状況のときに、どのようなクラッチ操作が必要になるのか、事前にイメージすることには大きな意味があります。詳しくはMT車攻略マニュアルをご確認下さい。

posted by shift-up at 19:47| 035微速走行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

微速走行

V6010102.JPG微速走行とはつまり、ゆっくり走ること。S字やクランク、狭い路地、渋滞中、はたまた信号での右折待ちなど、微速走行が必要なシチューエーションというのは路上に出ると意外と多いものです。これをマスターするステップは、AT車とMT車で大きく異なります。

まずAT車での注意点は、ブレーキペダルを離してクリープ現象で進むことです。この時、やわらかいペダル操作を心がける必要があります。急にペダルから足を離すのではなく、ゆっくりスムーズに離します。

このペダルの丁寧さが、スムーズな発進のコツです。そして微速走行中も、ブレーキペダルに足を軽く乗せておき、いつでも状況に応じて止まることが出来るようにします。微速走行から完全に停止するときも、急にブレーキペダルを踏み込むのではなく、スムーズにペダルを押さえるように速度を落としていきます。車が完全に停止する寸前で、少しだけ緩める(ペダルを上げる)ようにしましょう。これで停止時のショックを和らげることができます。

MT車の場合は、半クラッチの使い方がコツです。断続クラッチと呼ばれたりしますが、この断続クラッチという名前が意外と勘違いされやすいのです。言葉の響きからすると、半クラッチ操作を断続的に行う(つまりクラッチを切った状態と、半分つないだ状態を断続的に行う)ことのように思えますが、必ずしもそうではありません。出したい速度に応じて、クラッチをつなげたままのときもあれば、切ったままのときもあります。またその最中にブレーキを踏むかどうかによっても動きは異なり、バリエーションがあります。

どのような状況のときに、どのようなクラッチ操作が必要になるのか、事前にイメージすることには大きな意味があります。詳しくはMT車攻略マニュアルをご確認下さい。

posted by shift-up at 19:47| 035微速走行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。