2012年12月03日

一日でも運転を覚えて不安を無くしたい!(女性/東京都)

以前、MT車攻略マニュアルをご注文頂いた方からのメッセージ(ご注文時)をご紹介させて頂きます。



Shift-UP CLUB様

夜分遅くに申し訳ありません。インターネットで拝見し、MT車攻略を注文したいと思い、メールしました。私自身、耳が聞こえないので電話は出来ないため、お手数ですがメールでお願いします。
(中略)
現在、お付き合いしている方が大のMT車大好きな人で色々な車に乗っています。レグナム、コペン、スープラ、レガシィと乗っていました。私はAT車の免許は持っていますが、ずっと助手席に座っていて運転を見ていると難しそうだなぁ〜と思いつつも、やはりMT車のおもしろさは運転からあるそうで、好奇心旺盛の私は我慢仕切れず、とうとう教習所に通いはじめました!でも…。半クラと坂道発進が怖いです…。何度も車が後ろに下がりそうになって…路上が心配になりました。
何か無いかとインターネットで探していたら…。う〜んっ迷いましたが、一日でも運転を覚えて不安を無くしたい!ので買うことにしました。冊子ファイル版、楽しみに待っています。宜しくお願いします。




ちなみにShift-UP Clubからは、このようにご返信させて頂きました。

★お便り有り難うございます。
教習所や路上教習という特殊な状況にあって、坂道発進等の複雑な操作は不安を覚えるものと思います。
冊子を読むことで多くの方がマスターしていますので、ご安心下さい。メールでもサポート致します。


メッセージをお寄せ下さった彼女のほかにも、耳が聞こえずらい方にShift-UP Clubの運転教材をお読み頂いています。宜しければ、こちらの記事も合わせてお読みください。MT車攻略マニュアルを読み、無事MT教習を卒業された女性からのメッセージです。
「耳が聞こえない真実子さんの挑戦」



▼MT車専用サイト
教習所では教えない[MT車を 3日 で完全攻略する裏技]

 

mt_coverpage1.jpg mt車攻略マニュアル

posted by shift-up at 09:58| 02車の運転が苦手な人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月15日

エンストとは

このページでは、エンストとは何か、またその原因について詳しくご説明します。
MT車でもAT車でもエンストは起こりますが、操作ミスに原因があるエンストはほとんどMT車です。

 

(エンストすると、どんな風になる?)
MT車の操作ミスによるエンストは、下記の動画のようになります。キーはエンジンONの状態で、エンジンが掛かっていない状態ですから、「エンジンチェックランプ」「油圧警告」「排気温警告」などが点灯します。

 

(エンストって、そもそもなに?)

an_2.jpg

エンストとは「エンジン・ストール」の略です。よく間違われる「エンジン・ストップ」ではありません。

言葉の通り、エンジンが止まってしまうことです。とりわけ、自分でエンジンをオフにするのではなく、何らかのトラブルによってエンジンが「止まってしまう」ことを意味します。

トラブルの内訳としては、大きく分けて「運転ミス」と「整備不良」があります。運転ミスはMT車がほとんどですが、僅かにATでも起こります。また整備不良によるエンストは、MT・ATに関わらず起こり得ます。


(エンストは誰がするの?)
運転ミスに関しては、基本的には、MT車がエンストしやすいと言えます。MT車は、エンジンの回転を(タイヤを介して)路面に伝えるとき、クラッチという接続・分断の操作を人間が操作するペダルを使います。この操作が急だったり荒かったりすると、タイヤに力を伝える前に、エンジンの回転力が負けてしまい、エンストします。ATはこの動力接続・分断を機械が行うため、通常の走行ではエンストしません。

<模式図(?)>

1)エンジン -[| |]-タイヤ:路面

2)エンジン -[|]-タイヤ:路面


上記は、エンジンからタイヤへ動力を伝える途中に「クラッチ」があることを示しています。最終的にはタイヤが路面と接地置して、動力を伝えることでクルマは走ります。

1は、クラッチが離れていて、エンジン動力がタイヤに伝わっていない状態。動力伝達は0%。つまりクラッチペダルを踏んでいる状態です。

2は反対にクラッチがつながっていて、エンジン動力がタイヤに100%伝わっている状態。クラッチペダルから足を離している状態です。

発進操作に必要な、いわゆる「半クラ」は1と2の中間、つまり50%や40%と言った中間程度に、エンジン動力をタイヤに伝える操作です。

 

 

(エンストはいつするの?)

an_3.jpg

エンジンに最も大きな力が必要とされるのは、発進時です。停止している車を発進させるときに、クラッチ操作がラフだとエンストしてしまいます。クラッチ操作によって、走行中にエンストすることはあまりありません。

また、走行状態から停止する時に、速度が落ちてきたにも関わらずクラッチペダルを踏まないままだとエンストします。

AT車では、急な坂道などでDレンジ(通常走行ポジション)のままアクセルを踏まず、後ろに後退してしまうとエンストにつながることがあります。選択しているギアポジションとは逆方向に進み続けるとエンストしやすいので、AT車でも注意しましょう。

 

 

(どこでエンストしちゃうの?)
運転ミスによるエンストは、場所によらずどこでも起こり得ます。エンジンを掛ける際、ギアを入れてクラッチペダルから足を離したままでいると、エンジンが掛かった瞬間にエンストします。(※これを避けるために、クラッチを踏んだ状態でないとエンジンが掛からない仕組みが多くの車に搭載されています)

整備不良によるエンストは、信号停止時などが多いようです。エンジン不調やアイドリングのトラブルによるものが多いのですが、信号で減速した場合や信号待ちでの停止中にアイドリングが不安定となりエンストします。また、バッテリーなどの電気系統のトラブルでもエンストします。整備不良によるエンストの主な原因は次のようなものです。

 

★燃料切れ
→いわゆるガス欠。燃料経路のトラブルも。

★バッテリー関係
→端子外れ、ショート、バッテリー上がり・オルタネータ不良(少ない)

★アイドリング不良によるエンジン回転の乱れ
→エアフロセンサー、ISCバルブ、スロットルバルブ、その他センサー類の不調、パイプ類の抜け、ECU不良など。アイドリング不良(不安定)について詳しくはこちら

 

 


・ブレーキペダルが重くなります。またハンドルも重くなります。これは、エンストすると、エンジンによって駆動するこれらの機構が機能しなくなるためです。※全ての車種がそうなる訳ではなく、採用されている機構により異なります。ただし、ブレーキもハンドルも非常に重いものの、力を入れれば効きますので応急の対処はできるでしょう。

・またMT車で走行中、信号待ちのために減速し、クラッチを踏まずに停止しようとすると、車は急激に止まります。後続車がいる場合は危険ですので、後からでもクラッチを切って惰性で動きながら、ブレーキで止まるのが無難です。


(エンストしたらどうすればいい?)
エンストした後でも、深刻な整備不良でなければ、エンジンは再始動できるはずです。慌てずにエンジンを掛け、警告灯類を確認しながら進みます。


もし整備不良やトラブルによって、エンスト後にエンジンが掛からない場合は、バッテリーが生きているかを確認します。バッテリーが生きていれば、ハザードランプをつけられますので、速やかに後続車に知らせます。MT車ならば、ギアを1速に入れてクラッチペダルをつないだ状態で、キーを捻ってクランキングさせるとセルモーターで移動できることがあります。バッテリーに過大な負担を掛けますので、長い距離は無理でしょう。緊急待避用として覚えておきましょう。

バッテリーが生きているのにエンジンが掛からない場合は、プラグが被ってしまっているケースもあります。すぐには掛かりませんが、放置した後に掛かる場合もあります。

万一バッテリーが生きていなければ、ハザードランプも付けられませんので、トランクを開けたり、三角表示版を立てたりして、必要であれば発煙筒を炊いて後続車に知らせましょう。二次的な事故だけは何としても避けなくてはいけません。交通の妨げになっている場合は、110番で警察に支援を依頼し、JAFなどのロードサービスを利用することになります。このような場合に無理は禁物ですので、安全を第一に行動すべきです。

 

▼動画レポート「AT限定解除に挑戦!MT車に乗りたい!」

 

▼MT車(マニュアル車)でエンストしない方法

3point1.jpg

 

 

mt_ill1.jpg

 

MT車攻略マニュアル

MT車でエンストせずに、スムーズに運転するコツは、MT車攻略マニュアルでどうぞ。

 

mt_nob_img2.jpg

▼MT車専用サイト
教習所では教えない[MT車を 3日 で完全攻略する裏技]

 

無料プレビュー版をダウンロードすると
半クラッチで大切な3つのポイント」が何なのか分かります。
下のリンクからお進み下さい。(MT車専用サイトに移動します)

すぐにダウンロード可能
【 無料プレビュー版 】
MT車攻略マニュアル

 
「MT車の秘訣」情報メール1通プレゼント付き!
・・・実は半クラには、あるコツがあった!

 

mt_coverpage1.jpg

 



▼バッテリートラブルなど、いざという時に役立つ充電器。

メルテック(meltec) 充電器 6.5A SC650

posted by shift-up at 21:14| 02車の運転が苦手な人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月21日

うまい人に教わらないと、運転はうまくならない?

必ずしも、そうとは限りません。
確かに、一番運転がうまい人とか、有名な人に教わらないと不安かも知れません。
しかし、運転する技術自体と、教える技術は違います。


たとえば、あなたが教習所に通っていて、うまくハンドル操作やバックの操作ができないとします。

そこで、レーシングドライバーや、トラックドライバーの著書を読んだとしても、どれほど参考になるでしょうか?恐らく、レベルが違い過ぎて参考にならないことが多いと思います。


im8ori.jpg中級者以上の方。例えば、運転でプロ級になりたい、という方は、専門の勉強をして場合によってはスクールに通ってい頂く必要があるでしょう。

そうではなくて、「普通のドライバーになりたい」という方にとって、むしろ必要なのは、基礎的な情報を「どれだけかみ砕いてあるか」という点でしょう。

教習所の教官が、助手席で教えてくれるような解説内容を、紙にすべて書いて、ゆっくり読めるようになっていれば良いのに。そのように思う方は多いと思います。

Shift-UP Clubの教材はすべて、そのような方にも分かるよう、噛み砕いた説明を心がけています。そのため、一般的な運転教本に較べると、解説がくどいと感じるかも知れません。既に分かっていると思っている操作についても、改めて見直してみましょう。既に出来ると思っている操作にクセが残っていて、苦手な操作と関連しているケースも多いのです。特に、現在教習所に通っている方は、教習前の予習や、教習後の復習にお役立て下さい。

 

posted by shift-up at 08:32| 02車の運転が苦手な人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。